カメラの処分について

未分類

今やカメラと言えばデジタルカメラが当然ですが、このデジタルカメラが個人向けに普及し始めたのは1990年代後半です。1995年に6万円台という個人でも購入しやすい価格で発売された機種がヒットしましたが、この時はまだ25万画素で、画質としてはかなり低いものでした。そして1997年に100万画素を超える機種が発売され、一般家庭にも普及し始めました。2000年代に入ると、デジタル一眼レフカメラも一般家庭に普及し始め保有台数も増加していきます。

スマホところが、この増加傾向にも変化が現れます。2018年の日本におけるデジタルカメラの普及率は二人以上の世帯で68.2%という調査結果(内閣府消費動向調査)が出ています。2013年では同調査で普及率が77.0%でしたので、8.8%も減少しているのです。この背景には、スマートフォンの普及があります。スマートフォンについているカメラの性能はどんどん向上しており、スマートフォンだけで十分と考える人も多くなっています。

そのような風潮の中、使わなくなったカメラを処分したいと考える人も多くなっています。上述したように、カメラを使わなくなる人も増えていますし、カメラを使い続ける人であっても、スマートフォンとは一線を画する写真を撮るため新たな機種に買い替えたいと考える人が多いからです。しかし、カメラはしょっちゅう捨てるものではないので、どうしたらいいかわからないという人もいるでしょう。

このサイトでは、使わなくなったカメラの処分方法について説明していますので、参考にしていただければ幸いです。