捨てる場合の手順

未分類

このサイトでは、使わなくなったカメラの廃棄の方法について説明します。カメラを廃棄する場合には、個人情報の流出を防ぎ、資源の有効活用するため、以下の手順で行うことをお勧めをします。

カメラまず、個人情報を消去します。デジタルカメラを捨てる際は、個人情報保護のため、忘れずにメモリーカードを抜き取ります。カメラによっては、メモリーカード以外に本体にも画像データや名前等の個人情報が記録されている場合もありますので、確認して取扱説明書の方法に従って、初期化などを行い、すべて消去します。

次に、カメラの駆動用電池を取り外します。駆動用電池がリチウムイオン電池、ニッケル水素電池、ニカド電池等小型充電式電池の場合、充電式電池リサイクルボックスのあるリサイクル協力店に持参すると、資源の有効活用につながります。アルカリ電池、マンガン電池、リチウム一次電池など使い切り電池の場合、居住地の廃棄方法に従って廃棄します。

最後にカメラ本体の廃棄を行います。デジタルカメラ、フィルムカメラ、そしてその付属品の廃棄方法は市町村によって異なりますので、市町村のホームページや環境省の小型家電リサイクル回収ポータルサイトを参照して廃棄することをお勧めをします。