捨てる場合の手順

未分類

このサイトでは、使わなくなったカメラの廃棄の方法について説明します。カメラを廃棄する場合には、個人情報の流出を防ぎ、資源の有効活用するため、以下の手順で行うことをお勧めをします。

カメラまず、個人情報を消去します。デジタルカメラを捨てる際は、個人情報保護のため、忘れずにメモリーカードを抜き取ります。カメラによっては、メモリーカード以外に本体にも画像データや名前等の個人情報が記録されている場合もありますので、確認して取扱説明書の方法に従って、初期化などを行い、すべて消去します。

次に、カメラの駆動用電池を取り外します。駆動用電池がリチウムイオン電池、ニッケル水素電池、ニカド電池等小型充電式電池の場合、充電式電池リサイクルボックスのあるリサイクル協力店に持参すると、資源の有効活用につながります。アルカリ電池、マンガン電池、リチウム一次電池など使い切り電池の場合、居住地の廃棄方法に従って廃棄します。

最後にカメラ本体の廃棄を行います。デジタルカメラ、フィルムカメラ、そしてその付属品の廃棄方法は市町村によって異なりますので、市町村のホームページや環境省の小型家電リサイクル回収ポータルサイトを参照して廃棄することをお勧めをします。

カメラ買取サービス

未分類

緩衝材

使わなくなったカメラを処分する際、できれば捨てるのではなく、売れるのであれば売りたいと考える人もいるでしょう。このサイトでは、カメラ買取りサービスについて説明します。

カメラ買取りサービスでは、様々なものを買い取ってもらえます。一眼レフカメラ、デジタルカメラ、ビンテージカメラといったカメラ本体はもちろん、レンズ、三脚、撮影アクセサリー、カメラバッグなども買取してくれる業者もあります

また、買取り方法も、店頭買取り、宅配買取り、出張買取から選べます。店頭買取りでは、直接カメラを持ち込むと、その場で査定して現金で買い取ってもらえます。宅配買取りでは、申し込むと箱や緩衝材などが入ったキットが届き、それに入れて着払いで送ります。店舗になかなかいけない人や、店舗が近くにない人には便利なサービスです。出張買取は、申し込むと買取りスタッフが自宅まで来てくれ、その場で査定して支払ってくれますので、忙しい人に向いています。どのタイプを選択しても、査定額に納得がいかなかった場合は、キャンセル料や出張料なしで持ち帰り・返送してくれます。ただし、業者によってサービス内容は異なりますので、利用前にしっかり条件を確認しておくことをお勧めをします。

関連HP【カメラ買取ならカメラ高く売れるドットコム|一眼レフ・レンズなどお売りください

カメラの処分について

未分類

今やカメラと言えばデジタルカメラが当然ですが、このデジタルカメラが個人向けに普及し始めたのは1990年代後半です。1995年に6万円台という個人でも購入しやすい価格で発売された機種がヒットしましたが、この時はまだ25万画素で、画質としてはかなり低いものでした。そして1997年に100万画素を超える機種が発売され、一般家庭にも普及し始めました。2000年代に入ると、デジタル一眼レフカメラも一般家庭に普及し始め保有台数も増加していきます。

スマホところが、この増加傾向にも変化が現れます。2018年の日本におけるデジタルカメラの普及率は二人以上の世帯で68.2%という調査結果(内閣府消費動向調査)が出ています。2013年では同調査で普及率が77.0%でしたので、8.8%も減少しているのです。この背景には、スマートフォンの普及があります。スマートフォンについているカメラの性能はどんどん向上しており、スマートフォンだけで十分と考える人も多くなっています。

そのような風潮の中、使わなくなったカメラを処分したいと考える人も多くなっています。上述したように、カメラを使わなくなる人も増えていますし、カメラを使い続ける人であっても、スマートフォンとは一線を画する写真を撮るため新たな機種に買い替えたいと考える人が多いからです。しかし、カメラはしょっちゅう捨てるものではないので、どうしたらいいかわからないという人もいるでしょう。

このサイトでは、使わなくなったカメラの処分方法について説明していますので、参考にしていただければ幸いです。